キャッシングの審査は厳しい?

キャッシングの審査は厳しい?

お金を借りる時は、消費者金融であれ銀行であれ必ずあるのが「審査」です!

 

このキャッシング審査なのですが。噂では銀行が厳しくて、消費者金融の審査は甘いとよく言われておりますが、どちらもそれほど厳しくないと思います。つまり審査は比較的通りやすいという事です。

 

その理由は両者ともにお金を貸す事が仕事だからです!だから、お金を貸したくないから厳しくしているのではなくて、きちんと返してくれるかどうかの審査をしているのです。つまり、返済能力が無い人には両者ともにお金は貸してもらえません。

 

これはキャッシングやカードローンだけに限らず、オートローンや住宅ローンにも同じ事が言えるのですが、お金を返す能力の無い人にはお金を貸してくれません。では何をもってお金を返す能力があると判断しているのでしょうか?

 

銀行も消費者金融も審査内容はほぼ同じです!なぜなら、最近の都市銀行のカードローンの審査はほとんどが酸化である消費者金融が審査をしているからです。しかし、銀行の場合はさらに細かく属性なども見てきますので、消費者金融よりも少しだけ審査が厳しくなり、必要書類なども多くなります。

 

それぞれが、返済能力があるかないかの判断をするポイントは「年齢・勤務先・勤続年数・借入&返済履歴・年収・家族構成」こんな感じでしょうか?これらの内容を細かくチェックされます。

 

年齢、年収、勤務先、勤続年数、家族構成はそれほど厳しくは無いのですが、借入履歴と、返済履歴は要注意です!どういう事かと言いますと、過去に借入がある分には問題ないのですが、きちんと返済したかと言う返済履歴が重要になってきます。

 

例えば、返済日に遅れずしっかりと利息・元本共に返済しているかと言う点を厳しく見てきます。これらの情報は嘘を付いても個人信用情報で全てお見通しなので嘘つくだけ無駄なのです。

 

ですから、過去の返済履歴がぐちゃぐちゃだと、甘い審査にも通る事は無いでしょう。でも、過去の借入内容や返済状況がしっかりしていれば、銀行カードローンで合っても、消費者金融のキャッシングであっても審査は簡単に通るでしょう。

 

要は信用できるかできないかと言う部分を見られます。もちろん過去に借入が無い人も有利ですよ!ですから、審査が厳しいとかを心配するよりも、まずは申込みをしてみる事が一番早いです!

 

過去に思い当たる節が無い方は、ほぼ審査は通るでしょう。